idontknowlogoSS
idontknowlogoSS
professional01

角田 どうもこんにちは、twelvetoneの角田です。

青木 TENT の青木です。

治田 TENT の治田です。


professional02



治田 この場所 idontknow.tokyo は、それぞれ独立したプロダクトデザイナーである僕たちが協力して新しい商品を作るアイドントノウ というプロジェクトのWebサイトです。


角田 そうですね。アイドントノウ。つまり、「僕たちは本当は、まだ何も知らない」をテーマに、知っていると思っていることも、知らないと思って、ゼロから作り上げるというね。 


青木 さて、今回も、そもそも僕たちが新商品を作ろうと思ったきっかけやその開発プロセスについて、たっぷりお話していきましょう。


治田 これまでに公開された製品については、こちらからどうぞ↓

blacknaname
cuboid01
handle_w01
stack_sq_g
hingeA6black
slit_blk_sq001

アオキ 前に新製品を出したのって、数年前でしたっけ?


ツノダ いや、さすがにそんなに経ってないでしょ。


ハルタ そうですね。でも2019年7月にHINGE PRO を出して以来だから、8ヶ月くらい経過してますね。


アオキ では今日は8ヶ月ぶりの新製品の話題なんですけど。

見て下さい。僕たちの手元を。


professional03



ツノダ これは…本…?


アオキ 本ですね。


ハルタ 今回の新製品は、この「本」なのです!

hingeallblk


hingetitle1


「機能」と「価格」だけではない
「価値」とは何なのか
それはどうすれば作り出せるのか

hingepro01


「デザイン」という作業について
そこから生み出される「価値」について
改めて語り尽くしました

hingeprosq

デザインなんて知らない

Made in JAPAN
size : W128 × D182 × H3.5 
material : Papar  


アオキ 詳しく説明しますと、

ヨコ128mmタテ182mm
厚さ3.5mm
上質紙をふんだんに使用した携帯に便利なコンパクトな本です。

また、全ページ最もミニマルな白黒一色印刷を採用。



phyisicalbook12




ツノダ 
説明そこからかーい!


ハルタ 物理的なスペックから入りましたね。




phyisicalbook08



ツノダ これまで様々な「道具」つまり「ハード」的なモノを送り出してきたアイドントノウが、ついに「ソフト」的なものを発売するわけですな。


アオキ はい。「ハード」を生み出すための「ソフト」の部分について、赤裸々に語り尽くした1冊になっています。


ハルタ それぞれの製品がどんなプロセスを経て生まれたのかについてはこのWebサイトでもかなり公開してきたと思うんですけど、それとは異なるんですか?


アオキ そうですね。個別の製品についてはこれまでも語ってきたんですけど、逆に全ての製品開発に共通して存在するコツのような部分は、とくに語ることはなかったように思うんです。


ツノダ たしかにね。


アオキ この本では、僕たちがどのような考え方で、どのような段階を経て開発をしているのかを、1つもカタカナコトバ(業界用語)を使わずに、誰にでもわかりやすくなるよう解説しています。


professional09



ハルタ もともとは、東京工業大学で行った講演がベースになってるんですよね。


アオキ はい、2019年7月に行ったこちらの講演内容に、本として成り立つように修正・再編集を施した上で、大幅加筆したのが、この本になります。


professional05



ツノダ 講演でババーっと話していた内容を、まず、このアイドントノウのWebで記事にして。それを青木さんのnoteに転載したら、大きな反響があったんだよね。


アオキ 同じ内容をnoteに転載するだけで、大きな反響をいただけまして。
具体的には、3万以上のアクセスと1600以上の「スキ」をいただけました。


ツノダ 掲載するメディアを変えるだけで、反応に大きな違いがあったというのが面白いところだよね。

最初は「お話」
次に「Webの記事」
そして今回は「紙の本」へ

より「固定、定着」させていくようにメディアを変化させている。




professional10



ツノダ もちろんそれぞれの過程で最適な編集を施されて、内容も少しづつ変化してはいるんだけど、本質的には同じ内容じゃない?

それなのに、毎回新鮮な驚きがあるっていうのが面白いよね。


ハルタ たしかに今回、紙の本で読んだときに、よりスッと入ってくるというか。きちんと言葉が飛び込んでくる感じがありましたよ。

物理的な本だと、貸し借りも気軽にできるし、途中で読むのをやめて、続きからまた読む、みたいなこともしやすいですしね。


アオキ デザインやクリエイティブに興味がある方はもちろん、興味がない人にこそ読んでいただきたいですし

「自分はデザイナーなんだけど、周囲の人が理解してくれない!」という方はぜひ、この本を貸したり贈ったりして、相互理解のきっかけにしてもらえると嬉しいです。



professional10



ツノダ ちなみにお値段は?


アオキ 初回限定価格ということで、かなり抑え目になってます。

デザインなんて知らない

hingeprosq


Made in JAPAN
size : W128 × D182 × H3.5
material : Papar  


¥350-(税抜き)







ハルタ 350円!昔の漫画コミックみたいな値段ですね。


アオキ 気軽に手に取ってもらえると嬉しいです。


ツノダ ちなみに今回は、何かお得なセットとかそういうのは、あるの?



phyisicalbook13



アオキ 実は、講演の記事を公開した直後から

「会社で資料として配布したい」
「授業で使いたい」

という声があったんですよ。
なので一応、こんなセットも作ってみました。







デザインなんて知らない
10冊セット

phyisicalbook15


¥3,000-(税抜き)







アオキ 集中して読めば30分もかからずに読み切れる本だと思うので。気軽に貸し借りしたりして、日々のコミュニケーションの1つとして使ってもらえると嬉しいです。


ツノダ 読んだ感想なんかを、ハッシュタグ #デザしら をつけてWeb上にアップしてもらえるとありがたいです。





アオキ さらに、本の発売を記念して、こんなものも作っちゃいましたよ!


ツノダ 出た。Tシャツ。




phyisicalbook15phyisicalbook15

知らんがなイラストTシャツ
¥2,700 (税抜き)

BUY







ハルタ なかなか、着るのに勇気がいりそうなTシャツですね。


アオキ その場の空気に「知らんがな!」していくためのTシャツです。


ツノダ もうちょっと着やすいTシャツもあるんじゃないっけ?


アオキ こちらですね。


phyisicalbook15

アイドントノウBOXプリントTシャツ
¥2,700 (税抜き)

BUY






ツノダ そうそう、これ。僕たちがイベントの時にいつも着ているやつ。


アオキ ジャケットの胸元から見える位置にロゴがあるので、フォーマルな場所でもオススメです。いろんな場所で、どんどん「アイドントノウ」していきましょう!






ではまた、新製品でお会いしましょう!

ありがとうございましたー。




phyisicalbook16

idontknow.tokyoへのお問い合わせは、下記のフォームからどうぞ。