前のページからの続きです)




治田 続きまして


青木 こちらがA6サイズですよ。




角田 これまた可愛いなあ!


治田 なんでしょ。兄弟というより、親子みたいな感じですね。


青木 A6の良さは、何と言ってもズボンの後ろポケットに入ること!手ぶらでお出かけするときに持っていけます。





角田 僕ね、わざと携帯も財布も家に置いて、紙とペンだけを持って散歩に出るってことを、結構やんのよ。





治田 あくまで散歩が目的なんだけど、もし何か思いついた時にメモできる準備はしておきたい、という状況ですよね。 


角田 そうそう、気合いを入れてない状態。うっかり何か思いつくかもしれないというのを、書き留められるように。  




青木 手ぶらのリラックス感が、また脳にいい感じの自由さをもたらすんでしょうね。


田久保 思いついた瞬間、すぐにポケットのHINGEにぶつけるわけですね。 




角田 もう、僕の場合すぐ描き留めないと、フワーって消えちゃうからね。


青木 そんな衝動を受け止めるために、
もちろんこの HINGE A6立ち上がり1秒の使いやすさは同じです。


角田 またやるんだ?



 
治田 シュパッと来ましたね。


青木 ポケットから、シュパっと来ました。




田久保 A5もA6も、さりげないブランドロゴなどのディティールは、変わらずしっかり作り込んでいますよね。 







青木 ディティールという意味で言うと、実はHINGE A6 は、1つだけ異なる点があります。

小ポケット部分をこれまでより小さめに調整しました。紙が小さいぶん書き込める領域を増やしたくて、紙が保持できるギリギリまで追い込んでいます。



(左がA5サイズ、右がA6サイズの小ポケット)



角田 また細かいところまでやるねえ。


治田 自分たちが毎日使うものだからこそ、細かいところまで納得したいですもんね。


角田 じゃあディティールの話もしたし、あとは
気になるのはお値段じゃない?





青木 気になりますよね。
まずは、それぞれ別々での販売の場合です。





HINGE A5
 white

price : ¥1,200- ( 税込み¥1,296-)



HINGE A5
 black

price : ¥1,200- ( 税込み¥1,296-)





角田 ほうほう。A5の値段はA4サイズと変わらないんだね。


青木 小さい分安くなりそうな気もするんですけど、加工の手数は一緒なので、なかなかですね。変えられなかったです。




田久保 小さくなったことで、むしろ使えるシチュエーションが増えているので、良いと思いますよ。僕は納得です。



治田 続いてA6サイズのお値段ですが。



HINGE A6
white

price : ¥1,000- ( 税込み¥1,080-)




HINGE A6
black

price : ¥1,000- ( 税込み¥1,080-)





角田
 A6サイズは、抑えめになりましたね。


青木 ここまで材料が小さくなると、価格も少し抑えることができました。







青木 でも実は今回は、こういう単品扱いだけじゃなくって、このWeb限定のセット扱いというのも用意しています。



角田 出たね。お得なセット販売




HINGE A5 white

price : ¥1,200- ( 税込み¥1,296-)
size : W220 × D173 × H10
material : PP

Made in Japan






HINGE A5 black

price : ¥1,200- ( 税込み¥1,296-)
size : W220 × D173 × H10
material : PP

Made in Japan


HINGE A6 white

price : ¥1,000- ( 税込み¥1,296-)
size : W160 × D130 × H10
material : PP

Made in Japan






HINGE A6 black

price : ¥1,000- ( 税込み¥1,296-)
size : W160 × D130d × H10
material : PP

Made in Japan


idontknow.tokyoへのお問い合わせは、下記のフォームからどうぞ。