idontknowlogoSS
idontknowlogoSS
archive53



アイデアの源泉である
真っ白な紙を


archive50



すぐに手が届く場所に
大量にストックできて


archive52



メモやスケッチも
気軽に立てておける


archive51




最もミニマルなスタンドを
つくりました



archive51
archive53

アイデアを生む
環境を作る
最もミニマルな
スタンド

upright_tate02

UPRIGHT タテ

upright_yoko02

UPRIGHT ヨコ


アオキ
ということで、前のページでお話した「コピー用紙を立てておける最強のツール」ができちゃいました!


ツノダ
いやー、これはすごいよ。まずはこの、500枚のコピー用紙が立てられた佇まいをみてください。

upright_yoko05


ハルタ

なにかこう、圧を感じるくらいの塊ですね。

upright_yoko10


アオキ

紙の塊が「さあ、アイデアを描くのだ!」って迫ってくる感じありますよね。

upright_yoko04


ツノダ

このUPRIGHTのすごいところが、紙一枚でも、数十枚でも、500枚でも、吸い付くように立つところなんだけど、これってどんな仕組みなんだろう。

archive02


アオキ

はい。秘密は2つありまして

1つめは背板の傾斜です。紙がくしゃっとなってしまわない絶妙な角度で紙を置けるようになっています。

upright_tate12


ツノダ
例えるなら譜面台みたいな要領だよね。


アオキ
ですね。
そして秘密2つめは受け部分の傾斜です。L字型の鉄板が鋭角に曲がっているんです。こうすることで、紙をより安定させることができる。


upright31



ツノダ
でね、ここが今回のキモになる部分だと僕は思うんですけど、この鋭角のおかげで、紙が1枚1枚わずかにずれて重なるわけです。


ハルタ

わずかにずれているから、紙が1枚ずつ取り出しやすくなっている。

archive02


ツノダ
ここ、めちゃくちゃ繊細だけど、大事な工夫!


アオキ
そういう工夫で言うと、もう1つありまして。
紙をドーンと置いた上で、受けの部分にペンも置けるようになっています。

archive02


ツノダ
うわあ、地味!地味だけど嬉しい!


ハルタ
机の上に、真っ白な紙束がそそり立ち、そこにはペンが一本。これはもう、アイデアを出す脳みそが自然に動いちゃいそうです。

archive02



ツノダ
この金属の板自体は、どうやって立たせてあるのかな


アオキ
実は、鉄の棒を裏にねじ込んであります。このねじ込みの量で、若干の角度調整もできるように配慮しました。


upright35




ハルタ
分解も簡単にできるんですね。


アオキ
そうです、だから、持ち運びも簡単にできます。

ちなみに、これまでのidontknow.tokyo製品と同様、さりげなく微細なロゴを施してあります。

archive02


ツノダ
裏側のこんなところ。またこれは、絶妙な位置だねー。

archive02


アオキ
ぜひ実物で注目してもらいたいです。

archive02





3.タテとヨコ

ツノダ
そもそもは新品のコピー用紙を置くために作られたUPRIGHTだけど、この紙をスッと立てておける機能って、いざ身近にあると色んなことで役に立つんだよね。

たとえば、資料とか雑誌とか封筒なんかを一時的に置いたり、デザインしたロゴとか図面とかを出力して、ここに立てて眺めてみたり

archive02


アオキ
あー、わかります。僕もアイデアスケッチ描いた後にここに立てて眺めてました。なんか、より客観視できる気がするんですよね。

archive02


ハルタ
ちなみに、僕が今回面白いと思っているのが、タテとヨコの2タイプあるという点です。

archive02


アオキ

そうなんです。コピー用紙って、タテでよく使う人とヨコでよく使う人とで分かれると思うので、2タイプを用意しました。


ツノダ
僕は2つとも使ってるんだけど、タテ置きタイプには受け取った資料とかを一時置きして

archive02


ツノダ
ヨコ置きタイプにはコピー用紙をそのまま置いてるなあ。

archive02


ツノダ
メモとか書いとくと、遠くからでも確認しやすいから良いんだよね。

ハルタ
そうやって使い分けるのもよさそうですよね。





4.紙の棚すなわち


アオキ
なんか、今このUPRIGHTを見てて、ちょっと変なことを思ったんですけど。

アイデアを生業にしている僕たちにとって、コピー用紙の束ってアイデアの源泉でもあって、ありがたいものじゃないですか。

そんなありがたいものを置いておくUPRIGHTは、ある意味「神棚」みたいなものなんじゃないかと

upright20



ツノダ
たしかに。


ハルタ
しかも「紙(カミ)」だしね。


アオキ
わっ、2つの意味で「カミダナ」じゃないですか!


archive02



アオキ
コピー用紙自体は常に移り変わっていくものだから、何かこう、実態がなく常に流れていく感じが、象徴っぽいというか。

だんだん、本当に神棚みたいな存在に思えてきちゃいました。


ハルタ
もういっそね、毎朝このコピー用紙の束にむかってパンパンってして。


ツノダ
そうそう「今日も良いアイデアが出ますように!」って。

archive02



ハルタ
いいですね、毎朝やろうかな。

そんなわけで、ちょっと謎の効能も帯びてきつつあるUPRIGHTですがお値段はどんな感じなんでしょうか。


アオキ
今回は、idontknow.tokyoにとって初めての鉄素材を採用していて。マットな粉体塗装を施してますから


ツノダ
鉄と粉体塗装!さぞかしお高いんでしょうー?


アオキ
大丈夫です。フライパンジュウでお馴染みの大阪の町工場、藤田金属さんに最大限がんばっていただいて。

職人が手作りした高いクオリティでありながら、手の届く形で実現することができました!

upright12upright13



ツノダ
いわばアイデアのための「カミダナ」ですから。それにふさわしいクオリティのものができたんじゃないかな。


ハルタ
一家に1つUPRIGHTを置いていただいて。


アオキ
素晴らしいアイデアをどんどん出して。世の中を少しでも楽しく明るくしていきましょう!


upright07



パンパンッ





upright07upright07upright07upright07
archive53slit_blk03
slit_blk04slit_blk04slit_blk04slit_blk04

UPRIGHT タテ
2022年1月中旬
発送予定

price : ¥3,960-(税込)
size : W210 × D70 × H300
※丸棒を含めた時の奥行き150mm

material : Steel 
Made in Japan

※本製品は鉄製です。木製の机などで使用すると、机の表面を凹ませたり傷つけてしまう可能性があるため、その場合には布などを敷いてご使用ください。

1月中旬〜下旬発送予定の先行予約です。
同時購入商品も同日の発送となります。

buy2






slit_blk04slit_blk04slit_blk04slit_blk04

UPRIGHT ヨコ
2022年1月中旬
発送予定

price : ¥3,960-(税込)
size : W300 × D70 × H215
※丸棒を含めた時の奥行き150mm

material : Steel 
Made in Japan

※本製品は鉄製です。木製の机などで使用すると、机の表面を凹ませたり傷つけてしまう可能性があるため、その場合には布などを敷いてご使用ください。

1月中旬〜下旬発送予定の先行予約です。
同時購入商品も同日の発送となります。

buy2






slit_blk04

UPRIGHT タテ+ヨコ
2022年1月中旬
発送予定

price : ¥7,920-(税込)
special price : ¥7,700-(税込)

material : Steel 
Made in Japan

※本製品は鉄製です。木製の机などで使用すると、机の表面を凹ませたり傷つけてしまう可能性があるため、その場合には布などを敷いてご使用ください。

1月中旬〜下旬発送予定の先行予約です。
同時購入商品も同日の発送となります。

buy2

idontknow.tokyoへのお問い合わせは、下記のフォームからどうぞ。